キャリアコーディネーターがサポート リモートワークOK
2024.05.30 1602

本気で社会構造を変える。自殺対策の「社会的インフラ構築」事業推進メンバー

特定非営利活動法人 自殺対策支援センター ライフリンク

この求人のキーワード:

スタートアップ・ベンチャー・成長志向 福祉・社会的包摂 ソーシャルビジネス・NPO

日本社会の喫緊課題である自殺対策において「社会的インフラ」を構築するため、事業と組織の双方を俯瞰しながら、様々な既存/新規プロジェクトを推進・開発。ともに社会を変えていくコアメンバー募集。

私たちの仕事について

●日本の自殺対策を牽引し、誰も自殺に追い込まれることのない
”生き心地のよい社会”の実現へ
____________________________________
ライフリンクは、自殺防止相談を含めた自殺対策の「社会的インフラの構築」を目指して、様々な事業を開発し政策提言を行い、社会のあり方を変える事業・政策創造団体です。

全国には多くの相談団体がありますが、私たちが特徴的なのは自殺対策の領域で、全国規模で入口(匿名相談)から出口(問題解決に向けた実務的支援・社会資源接続)までの相談支援プロセスを一貫して担うことで、相談者の死にたい気持ちの揺れに寄り添い続けながら、「生きることの包括的な支援」に取り組み続けることにあります。

その実現のために、電話やSNSなど様々な相談チャネルを整備し、実務的支援の人員を拡充し、さらには各地の自治体・社会資源や居場所活動との間で「つなぎ支援」のアライアンスを構築しています。(厚生労働省「自殺防止対策事業」のSNS等地域連携包括支援事業「基幹SNS相談事業者」としても唯一指定を受けています。)

自殺はその多くが「追い込まれた末の死」であり、そこには社会の数々の本質的な問題が凝縮されています。
私たち誰もが「死にたい」「消えたい」と思ったとき、その気持ちをありのまま吐露し相談できる場所が確実に存在していること、そして誰かの死にたいという気持ちに寄り添う人々や具体的支援・居場所が身近に存在していること。それは社会に根源的な安心感を創出し、社会の様々な歪みを解消し、ひいては誰もが自身の存在に意味を感じながら生きることができる社会へとつながる。そうした「社会的インフラの構築」を目指しています。

●支援機会は拡充しているものの、まだ足りていない現状。
いま必要なインフラ基盤を事業としてつくっていくコアメンバー募集
____________________________________
私たちは2004年の設立以来、現場での草の根活動とガバメント・リレーションズを基に自殺対策基本法など様々な政策・モデル事業の実現に寄与してきましたが、2018年に座間9人殺害事件を契機として大規模な自殺防止相談事業を始動してからは、政策創造と相談事業を両輪として様々なプロジェクトに邁進しています。

目下注力していることは次の4点に集約されます。
・相談基盤の充実
・相談支援チャネルの多元化
・アウトリーチの本格化
・アライアンス拡大によるプラットフォーム構築

職員数も2018年以前の約10人から2022年には約250人へと急増し、事業面でも組織面でも急拡大するスタートアップのような様相を呈しています。
今ある事業を前に進めるだけでなく、社会の変化や、みなさんの声に耳を傾けながら、必要な仕組み・機会を一緒につくっていくメンバーを募集します。

▼業務内容
事業運営と組織運営の両面における企画実行 (メイン業務はご経験や志向に応じて決定)
・組織横断課題のプロジェクト推進
・新規プロジェクトの開発/企画
・各種データ分析/施策立案
・経営層の意思決定支援
・行政や他団体との会議サブロジ

-------------------------------------------------------------------------------------
※こちらの求人情報は、NPO法人ETIC.の人材紹介サービスによって募集している案件です。
書類選考や面接などはETIC.コーディネーターも担当いたします。あらかじめご了承ください。
-------------------------------------------------------------------------------------

募集要項

テーマ 福祉・社会的包摂
職種 プロジェクトマネージャー
雇用形態 契約社員
組織形態 NPO/NGO
その他のキーワード ソーシャルビジネス・NPO
期待する成果

日本の自殺対策の牽引役を務めるという決意で、自身が担当したプロジェクトを様々な関係者と協力しながら確実に実現させることを期待します。

対象人材像

・ライフリンクの理念/行動規範を自身のミッションとして共感できる方
・諸々整っていない環境下で、走りながら頭と手を動かせる方
・自律的に大胆な仮説を立て、発信し、物事を動かせる方
・多様性を受け入れ、チームとして支え合うことができる方
・KGIなど数字的な思考ができる方
・変化とスピードへの耐性が強い方
・プロジェクト全体のデザインから下作業まで、関係者を巻き込みながらプロジェクトマネジメント全般を実施できる方

応募資格

・職務経験は限定しません。
職務経歴書に具体的なこれまでの経験・エピソードをご記載ください。

歓迎条件

・複数のDXプロジェクトがあるため、IT系の経験をお持ちの方を歓迎します。

新卒エントリー
NG
未経験者エントリー
NG
勤務地の住所

東京都千代田区

勤務地の詳細

NPO法人自殺対策支援センターライフリンク事務所(東京都千代田区)
※フルリモート勤務OKですが、必要に応じて、オフィスでの対面の会議に参加いただく場合や、出張がある場合があります。

勤務形態

フルリモート(遠隔地居住OK)

勤務時間

10時〜19時 (休憩60分有り)
※副業希望の場合は、相談が可能です。

就業期間

〜2024年3月31日 (2024年の同補助事業が継続する場合更新の可能性あり。 )

給与

月給 400,000円〜400,000円

給与詳細

・別途残業代支給
・給与は、能力・経験に応じて上限額を越えて相談可能です。

福利厚生

各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
交通費支給(実費)

受動喫煙防止対策

屋内禁煙

休日・休暇

完全週休2日制(土日)、祝日
※6ヶ月経過後の年次有給休暇日数 10 日

選考プロセス

・書類選考
・面接(数回程度)
・SPI適性検査、筆記試験
※採用・不採用の理由に関するお問い合わせには対応できませんので予めご了承ください

※こちらの求人情報は、NPO法人ETIC.の人材紹介サービスによって募集している案件です。書類選考や面接などは、ETIC.コーディネーターも担当いたします。あらかじめご了承ください。

その他

契約期間: 契約日から2025年3月31日まで
(次年度は厚生労働省の「自殺防止対策事業」が継続し採択された場合、勤務実績等を考慮して契約更新の可能性あり)
※事業の特性上、有期契約にはなりますが、長期的にコミットしてくださる方を求めています。

代表者メッセージ

理事長 清水康之

日本では自殺で亡くなる人の数が毎年2万人を超えています。とりわけ深刻なのが、子どもや若者たちの自殺です。10代〜20代における死亡原因の第一位が「自殺」であり、社会全体で自殺対策(生きる支援)を強化しなければなりません。

NPO法人ライフリンクは、誰も自殺に追い込まれることのない「生き心地の良い社会」の実現をめざして、「つながり」をキーワードに、自殺対策(生きる支援)を社会全体で推し進めるためのさまざまな事業や活動を行っています。

ライフリンクを設立した2004年当時、全国の自殺者数は年間3万人を超えていました。そうした危機的な状況に一石を投じようと、自殺対策基本法の制定を求めて年間の自殺者と同規模の「3万人署名」運動を展開し、10万人以上の署名を集め、2006年6月の法成立に尽力しました。法施行後は、自殺対策への理解を広めるため、全国47都道府県で自治体とともにシンポジウムを開く全国キャラバンなどを展開しました。

自殺の実態調査にも取り組みました。自殺で亡くなった500人とそのご遺族500人のあわせて1,000人を対象とした大規模な聴き取り調査です。結果、自殺で亡くなった人は平均4つの要因を抱え込み、「もう生きられない」「死ぬしかない」といった状況に追い込まれた末に亡くなっていることが明らかとなりました。以来、ライフリンクの調査の結果が、政府や自治体などの自殺対策における極めて重要なエビデンスとなっています。

2009年11月には、自殺対策を担う内閣府参与に就任し、政府の自殺対策の立案を担当。例年日本で自殺が増える傾向にある3月を「自殺対策強化月間」に指定したり、全国でワンストップの総合相談会を実施するなどしたさまざまな施策の推進に努めました。

2017年10月に発覚した座間9人殺害事件を契機に、2018年3月からは生きづらさに苦しむ子どもや若者に向けたSNS相談「生きづらびっと」を始めました。社会的に誰も行っていなかった自殺防止のSNS相談を、全国の民間団体や専門家、行政などと連携しながら進めています。誰もやっていないけど、社会的に必要な取組を、いろいろな関係者を巻き込んで実現すること。これまで日本の自殺対策を切り開いてきたライフリンクは、これからもさらに社会全体で自殺対策(生きる支援)が展開されるよう活動していきます。

[プロフィール]

1972年東京生まれ。97年NHK入局。NHKで報道ディレクターとして自死遺児を取材した番組制作がきっかけとなり2004年にNHKを退職し同年10月にライフリンクを設立。「ライフリンク」には「みんなでつながり(リンク)あって、いのち(ライフ)を守ろう」「いのち(ライフ)を守るために、みんなでつながろう(リンク)」という思いを込めている。

コーディネーターからの推薦コメント

NPO法人ETIC. 腰塚志乃

ライフスタイルや価値観が多様化していく中で、支援へのつながり方やニーズも変化していきます。多様なステークホルダーと協働しながらすでにある支援機会やインフラを更に拡充していくこと、変化にも柔軟に対応していくこと。そして、それを持続可能な事業として運営していくこと。それをライフリンクさんの活動している規模でカタチにしていくことは、とても難しいことです。だからこそ、「何としてでも前に進める」という強い意志をもち、仲間とともに試行錯誤を続けてくれるメンバーに参画してほしいです。

企業・団体概要

  • 設立: 2004年10月
  • 代表者名: 清水康之
  • 従業員数: 265名
  • 資本金:
  • 事業内容: 自殺対策を「生きる支援」と捉え、自殺のない「生き心地の良い社会」の実現をめざして活動。
    自殺対策の政策立案、地域自殺対策のモデル作り、自殺対策の電話・SNS相談事業等を行っています。
  • WEB: https://lifelink.or.jp/
  • 住所: 東京都千代田区九段北4-3-8 市ヶ谷UNビル 4F
応募する

RELATED PROGRAM
関連するプログラム

ボランティアか、副業か、転職か、起業か...それは 自分の想いをカタチにするための手段に過ぎません。
ETIC.は、手段に捉われずに自分らしいキャリアを歩 むことを全力で応援するために、
働きながら次のチャレンジに向かうお試し機会や副業など、多様な機会を提供しています。