リモートワークOK フレックスOK 副業OK
2024.03.18 2355

【能登半島地震】被災者へ車を無償で貸し出す支援をつくるコーディネーター

一般社団法人日本カーシェアリング協会

この求人のキーワード:

社会的インパクトを追い求める 社会システムをつくる フラットな組織・仲間 被災地復興 地域活性化・まちづくり 福祉・社会的包摂 防災 ソーシャルビジネス・NPO 地域活性化・まちづくり

災害で車を失い困り果てる方が続出。片付けに必要な軽トラも不足・・・。 寄付で集めた車を活用して、その状況を変えることが私たちの使命です。

私たちの仕事について

災害で被災された方を対象に、車を一定期間無償で貸出す支援活動を行っています。
活用するのは、全国から寄付で集まった車。
東日本大震災以降、宮城県石巻市を拠点にこれまで全国各地で起こる自然災害に対応をしてきました。令和6年能登半島地震でも現地に石川県内に6つの拠点を設置し対応を進めています。
今回の募集は「災害時に被災地が車で困らない仕組みづくり」を情熱を持って一緒に取り組んでいただける方を募集します。

※令和6年能登半島地震支援の対応に加えて、災害に備える体制づくりや、新たに災害が起きた際の対応も担っていただける方を募集します。

■この活動が生まれた背景
東日本大震災の時、宮城県石巻市では約6万台の車が被災しました。
圧倒的に車が足りない状況の中、車の寄付を募りそれらを活用した支援活動を始めました。
今では災害支援だけでなく、地域づくりや生活困窮者支援の事業など活動領域が広がり、寄付で集まった約500台の車を活用した社会貢献事業を全国各地で実施している。

■被災地における「車」の重要性
車を被災した方々は困り果てた状況に陥ります。
被災した家の片づけも、買いものも、仕事に行くことも難しくなります。
特に地方では車は生活必需品で車を失うと、生活再建をはじめることができません。
そして、軽トラックがないと片付けも引っ越しも前に進めることができないのです。

■能登半島地震では約2ヵ月で1300件以上の申込
能登半島地震では、多くの車が家屋の下敷きになり、津波で流され、火事で焼失しました。
そして、片付けのための多くの軽トラが必要な状況にあります。
1月15日に七尾市内で車の無償貸出支援を開始してから、申し込みは殺到しています。
私達は、約250台の車を現地に集め、珠洲市・輪島市・能登町・能美市に設置した拠点に配備し貸し出しを進めています。ニーズに応えるために更に100台車を追加し、対応規模を拡大する予定です。

能登半島地震支援活動概要(災害サポートレンタカー)
https://www.japan-csa.org/blog/archives/5274

利用者の声
https://youtu.be/OFyhF_OeEMc?si=SEvx8V3CvLD2Ppcp

■主な業務
[災害発生時]
1.被災地の貸出し拠点の立上げと運営サポート
 ▷行政との支援調整・貸出し拠点の立ち上げ支援についての広報(車集めと借りたい人へ向けての支援周知)
 ▷貸出し車両の準備や運搬調整・貸出し対応
 ▷現地で臨時雇用するスタッフへの業務レクチャー
2.連携する自治体・企業・NPOとの調整
3.事業推進のための広報・財源確保(ファンドレイジング)のための計画立案と実行

※貸出し拠点を現地で臨時雇用する方々のみで運営できるようにします。そのために発災後~拠点立上げ~軌道に乗るまでは現場に滞在します。(目安:1週間~2週間程)その後は遠隔(オンライン)でのサポートを基本として対応していきます。
※無償貸出し期間は能登半島地震は7月末まで。他の被災地では概ね4~5ヵ月程度です。

[平時]
1.災害時に迅速に被災し支援をするための体制づくり
 ▷企業・自治体・NPO等との連携のための活動等(例)自治体と防災協定締結(参考:https://www.japan-csa.org/action/mobility/alliance.php
2.他の事業部のサポート
 ▷他の事業部の活動についてはこちらをご参照ください http://japan-csa.org/pdf/douchuki_vol3.pdf
3.その他支援活動を円滑に行うための諸業務。

災害支援のプロとして「災害が起こっても車不足で困らない社会づくり」を目指し、誇りを持って取り組んでいただきます。

スタッフインタビュー(入社8カ月目)
https://youtu.be/Zltk6nUSLn8?si=P0l25vCrXCX7PQBw

■私たちが目指していること
災害が起こっても車で困らない社会づくりを目指しています。
災害対応が落ち着いている時には、その実現に向けて自治体や企業などとの協定締結や支部の設置等を進めていきます。本件の求人で参画いただける方にそうした仕組み作りを中心的に担って頂くことになります。
ビジョン2025 「東日本大震災規模の災害が起こった時でも対応できる体制を作る」

募集要項

テーマ 被災地復興 地域活性化・まちづくり 福祉・社会的包摂
職種 中間支援 コーディネーター(つなぎ役) 事業推進
雇用形態 契約社員
組織形態 社団/財団
その他のキーワード 防災 ソーシャルビジネス・NPO 地域活性化・まちづくり
対象人材像

・困難にも挑戦する意欲のある方
・動きながらモノゴトを考えることができる方
・災害現場に滞在し従事できる方

応募資格

・普通自動車運転免許(AT限定可)
・社会人経験 5年以上

歓迎条件

・ボランティアを含む災害支援活動に従事した経験
・仕事でマネジメントの立場を任された経験
・行政と協働して事業を取り組んだ経験

新卒エントリー
NG
未経験者エントリー
OK
勤務地の住所

宮城県石巻市駅前北通り1-5-23

勤務地の詳細

・石巻駅徒歩10分
・基本は石巻事務所での勤務を想定しています。能登半島地震支援のための出張や災害が起きた地域に出張として現場に入ってもらいます。

勤務形態

一部リモート勤務OK

勤務時間

・フレックスタイム制
 [コアタイム] 9:00-12:00
 [フレキシブルタイム1] 7:00-9:00
 [フレキシブルタイム2] 12:00-22:00

就業期間

~2025/3/31まで

給与

月給 210,000円〜290,000円

給与詳細

・役職者には役職手当(固定残業)あり
・交通費補助(最大25,000円まで/月)
・賞与あり
・人事制度による昇給、昇格制度あり

福利厚生

・試用期間:3ヶ月(給与面に変更ありません)
・労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金加入
・その:宮城県外の出身者への帰省手当制度や、出張手当制度あり

受動喫煙防止対策

屋内禁煙

給与以外の報酬

・業務に関係する研修や資格の取得補助制度あります
・地元のお母さんが作ってくれるおいしいお昼ごはんあります
・石巻は車がないと生活が不便ですが、協会の車両をプライベートでも利用できます

休日・休暇

・週休2日のシフト制(基本は土日祝がお休みです)

職場の雰囲気

石巻事務所では地元出社と移住者と半々くらいの比率です。年齢層も20代~70代と幅広い人物が活躍しています。

入社後1ヶ月後のイメージ

災害拠点で行う基本的な業務スキルを一通り身に着け、各拠点のフォローを行える状態。

選考プロセス

STEP1.書類選考
STEP2.面接 ※遠方の場合はオンライン可
STEP3.職場体験(3日間):実際の業務に触れ、活動するスタッフにも触れて業務イメージを具体的に持っていただきます
STEP4.最終面接(代表理事)

代表者メッセージ

代表理事 吉澤武彦

この活動に情熱を注いてくださる方が一人でも加わると、被災された方々へ車を届けるスピードが増し、助かる人の数が確実に増えます。あなたの存在で確実に被災地に笑顔が増えます。もし、あなたがやりがいと成長を求めるなら、その期待には充分応えられると思います。未来を変えるように仕事を一緒にやりましょう。

[プロフィール]

兵庫県姫路市出身。立命館大学政策学科を卒業後、大阪の企業に勤めながら週末などに社会活動を始める。退社後に活動を本格化させ、様々なプロジェクトに取り組む。東日本大震災後、一般社団法人日本カーシェアリング協会を設立し石巻で取り組みを続ける。2013年3月、一般社団法人OPEN JAPANの代表理事に就任。

スタッフの声

事務局兼モビリティ・レジリエンス事業部 事務局長 西條里美

「車の無償貸出しを始めます」と情報を発信すると、多くの車がないことによるお困りの声が届きます。「車がなくて仕事にもいけない、とにかく早くに車を貸してほしい」、「薬が切れそうだが病院もいけない」など。地震や水害の度に被災地で繰り返し起きている車の被災による問題です。
この事業の担当者の役割は被災自治体と連携し、現地拠点を立上げ、現地スタッフで運営できるように現場を育てることです。そしてこの課題に向き合うには業界・企業などとも一緒に取り組む必要があります。人を育て、仲間をつくり大規模災害にも対応できる体制をつくることが期待する役割です。

企業・団体概要

  • 設立: 2011年07月
  • 代表者名: 吉澤武彦
  • 従業員数: 40名
  • 従業員数の詳細: ・正社員:4名
    ・契約社員:4名
    ・パート:31名
  • 資本金: 0
  • 事業内容:
    石巻で生まれた寄付で集めた車を使って新しい支え合いの仕組みを作る組織です。
    ・コミュニティ・サポート事業
    ・ソーシャル・カーサポート事業
    ・モビリティ・レジリエンス事業
    ・損害保険代理業
  • WEB: https://www.japan-csa.org/
  • 住所: 宮城県石巻市駅前北通り1-5-23
応募する

RELATED PROGRAM
関連するプログラム

ボランティアか、副業か、転職か、起業か...それは 自分の想いをカタチにするための手段に過ぎません。
ETIC.は、手段に捉われずに自分らしいキャリアを歩 むことを全力で応援するために、
働きながら次のチャレンジに向かうお試し機会や副業など、多様な機会を提供しています。