副業OK
2024.03.18 1733

能登半島地震に係る子ども支援の東京事務局スタッフ(短期OK)

認定NPO法人カタリバ

この求人のキーワード:

格差の是正・誰もが機会を得られる 誰も取り残さない社会 目の前の人に寄り添う 子育て支援 教育・こども 被災地復興 防災 教育・人材育成 福祉・医療・ヘルスケア

カタリバは、2024年1月1日(月)に発災した令和6年能登半島地震で被災した子どものための支援活動を、石川県をはじめとする被災各地の自治体と連携し、1月4日(木)より開始しています。今回、その支援活動に係る事務局業務全般を担当するポジションを募集しています。

私たちの仕事について

===========
 募集の背景
===========

カタリバはこれまで下記の大規模災害等において、現地のニーズや状況に応じて、主に子どもたちの心のケアと居場所づくりや教育・福祉行政、学校・学童支援に取り組んできました。

― 東日本大震災(岩手県大槌町/宮城県女川町)
― 熊本地震
― 平成30年7月西日本豪雨
― 令和元年東日本台風(宮城県丸森町/長野県長野市)
― 令和2年7月熊本豪雨
― 令和3年7月伊豆山土砂災害
― 令和5年7月秋田市豪雨災害

そして現在、2024年1月1日(月)に発災した令和6年能登半島地震で甚大な被害が発生した石川県の珠洲市・輪島市・穴水町・能登町・七尾市・加賀市を中心に、被災した子どものための支援活動を行っています。
※珠洲市・輪島市・穴水町・能登町とは連携協定を結んでいます

https://www.katariba.or.jp/news/2024/01/17/43420/

現在、この支援活動の実施にあたり東京事務局のスタッフとして参画してくださる業務委託メンバーを募集しています。

===========
 仕事内容
===========

能登半島地震の支援活動に係る事務局業務全般を担当します。
具体的には、下記に例示したプロジェクトの中から経験・スキル・適性に応じてアサインし、主に「後方支援」に携わっていただく想定です。
※現時点での計画のため今後変更になる可能性もあります

― 被災地で子ども支援に携わる団体・組織・ひとに対する伴走・助成
― 被災した子どもたちのストレスレベル調査
― 保護者向けの相談会やカウンセリングの運営・実施
― 子ども・子育て家庭への物品支援(過去の実施例:MY Boxプロジェクト)
― 子育て支援金給付(過去の実施例:カタリバ 受験応援奨学金)

後方支援の具体的な業務としては以下のようなものを含みます。

― スケジュール・進捗管理
― 現地支援チームやオンライン支援チームとの社内連携・調整
― 提携企業との調整・窓口対応
― 現地の自治体・教育委員会・学校との連携窓口
― 各種データの取りまとめ・整理・入力・管理
― その他、プロジェクト管理・推進に係る業務全般

募集要項

テーマ 子育て支援 教育・こども 被災地復興
職種 事務局・カスタマーサポート コーディネーター(つなぎ役) プロジェクトマネージャー
雇用形態 業務委託
組織形態 NPO/NGO
その他のキーワード 防災 教育・人材育成 福祉・医療・ヘルスケア
対象人材像

― 被災地の子どもたちのための支援活動に共感し、自身の経験やスキルを活かしたい方
― 変化が大きくかつストレスのかかる状況でもセルフコントロールできる方
― 報連相は行いながらも指示待ちにならず臨機応変に対応できる方

応募資格

一例として下記のような経験を活かすことができます
・プロジェクト管理推進経験(特に、社内外多くの関係者との連携を行った経験)
・toBの顧客折衝経験
・ピープルマネジメント経験
・ベンチャー企業などで裁量を持って業務にあたった経験(事業部門・バックオフィス問わず)

新卒エントリー
NG
未経験者エントリー
OK
勤務地の住所

東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F

勤務地の詳細

・リモートワークメインです
・必要に応じてオフィス(東京都杉並区・高円寺)への出社や都内での打ち合わせ・作業が発生します
・状況に応じて石川県への出張対応が可能な方でしたら尚歓迎です

勤務形態

出社

勤務時間

・業務委託契約のため勤務時間の定めはありませんが、目安週20時間以上稼働な方を想定しています
・曜日や時間帯については柔軟に検討しますのでご相談ください

就業期間

1か月~数か月の範囲で相談の上決定、延長の可能性あり

給与

月給 120,000円〜150,000円

給与詳細

・仮に週20時間程度の稼働となる場合、月額 120,000~150,000円(目安)を想定しています

福利厚生

・業務委託契約のため定めはありません

休日・休暇

・業務委託契約のため勤務時間の定めはありませんが、目安週20時間以上稼働な方を想定しています
・曜日や時間帯については柔軟に検討しますのでご相談ください

選考プロセス

▼書類選考
▼面接(1~2回程度)+Web適性検査
▼内定

代表者メッセージ

代表理事 今村 久美

「キッカケうまれる、ナナメの関係」

2000年の夏、江ノ島、まだ大学生だった私、今村と三箇山が、他愛もない話を繰り広げるなかで生まれたコンセプトです。

すべての子どもたちが変化できる可能性を持っている。
そして、その可能性を引き出す場所は、学校だけでも、家庭だけでもないし、親や先生だけの責任ではないはず。
教育を学校の外側から新しくする仕事をしたいと決めたのが、NPOカタリバのはじまりでした。

創業当時の想いそのままに、これまで走り続けて、20年。
100名以上の仲間とともに、今日も走り続けています。

そんなカタリバの活動をより多くの方に知っていただき、参画を検討いただければ嬉しいです。

[プロフィール]

慶應義塾大学卒。2001年にNPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラムの提供を開始。2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供、コロナ禍以降は、経済的事情を抱える家庭に対するオンライン学習支援やメタバースを活用した不登校支援を開始するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組む。ハタチ基金代表理事。地域・教育魅力化プラットフォーム理事。文部科学省中央教育審議会委員。東京大学経営協議会学外委員。朝日新聞パブリックエディター。

企業・団体概要

  • 設立: 2001年11月
  • 代表者名: 今村 久美
  • 従業員数: 149名
  • 従業員数の詳細: ◎フルタイム職員:116人
    ◎パートタイム職員:33人
  • 資本金:
  • 事業内容: どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校生のためのキャリア学習プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供、コロナ禍以降はオンラインを活用して経済的事情を抱える家庭やメタバースを活用して不登校の子どもたちに学習支援を行うなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。

    ◎高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)
    ◎被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町)
    ◎災害緊急支援(全国)
    ◎地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市)
    ◎困窮世帯の子どもに対する支援(東京都足立区・全国)
    ◎外国ルーツの高校生支援(東京都)
    ◎不登校児童・生徒に対する支援(島根県雲南市・全国)
    ◎子どもの居場所立ち上げ支援(全国)
  • WEB: https://www.katariba.or.jp/
  • 住所: 東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
応募する

RELATED PROGRAM
関連するプログラム

ボランティアか、副業か、転職か、起業か...それは 自分の想いをカタチにするための手段に過ぎません。
ETIC.は、手段に捉われずに自分らしいキャリアを歩 むことを全力で応援するために、
働きながら次のチャレンジに向かうお試し機会や副業など、多様な機会を提供しています。