掲載終了 副業OK
2024.03.18 1283

【白河市ユースワーカー募集!】10代のウェルビーイングを共に実現しましょう!!

一般社団法人 未来の準備室

この求人のキーワード:

目の前の人に寄り添う 文化や価値観の異なる人々の架け橋になる 若手歓迎・スタッフ育成意欲のある組織 教育・こども well-being 地域活性化・まちづくり 教育・人材育成 well-being 地域活性化・まちづくり

高校生と地域の「これから」を一緒に考えましょう!

私たちの仕事について

高校生と地域の距離が離れていることは、活力ある地域づくりに支障をきたすだけではありません。
高校生が自分のキャリアを考える機会の喪失にもつながります。

学校の授業をただ受けているだけ、知識を詰め込んでいるだけでは、自分は何をしたいのか、どう生きたいのかといったキャリアを考えることはできません。ふとした疑問や関心、興味から、実際に外に出て、普段関わらない地域の大人やともに行動する同僚との交流を通し、視野を広げながら考えていくものです。自分の関心事から生まれた活動は、ウェルビーイングを実現していくために必要な主体性や協働性を育むことにもつながります。

このことから、本市では、市内の県立高校及び高校生の居場所「EMANON」を運営している一般社団法人未来の準備室と「未来へのひとづくり」をテーマに包括連携協定を締結し、高校生が活動しやすい地域づくりを進めています。 

今回募集する地域おこし協力隊の方には、学校と地域の橋渡し役となって、高校生一人ひとりの考えに寄り添いながら、活動をサポートしてほしいと思っています。

活動対象となる高校は、進学校である白河高等学校と、定時制高校である白河第二高等学校です。

固定観念や前例思考にとらわれずに、学校の教職員や地域住民と連携しながら、高校生の「新しい学びの姿」、「新しい幸せの形」を共に実現する仲間を募集します。

募集要項

テーマ 教育・こども well-being 地域活性化・まちづくり
職種 対人支援(教育・保育・医療・福祉) コーディネーター(つなぎ役) プロジェクトマネージャー
雇用形態 契約社員
組織形態 社団/財団
その他のキーワード 教育・人材育成 well-being 地域活性化・まちづくり
対象人材像

・高校生と対話し、「自分はこうありたい」「何かをやりたい」という気持ちに寄り添った支援がしたい方
・市、高校及び地域と協働して、探究学習の推進に携わりたい方
・キャリアカウンセリングやソーシャルワークなどの専門分野を通して、高校生に関わりたい方
・高校生と地域の未来について考え、主体的に活動いただける方

応募資格

・三大都市圏をはじめとする都市地域に現住所を有している方で、本市に住民登録し、かつ生活の拠点を移すことができる方。
・普通自動車免許を持っている方
・イベントの情報をSNSなどで発信できる方
・地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
  1 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  2 地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、処分の日から二年を経過しない者 など
  

新卒エントリー
OK
未経験者エントリー
OK
勤務地の住所

福島県白河市

勤務地の詳細

福島県立白河高等学校(白河市南登り町54)または、白河第二高校(白河市南堀切54)

勤務形態

出社

勤務時間

協議の上決定します。
例)9:00-18:00など

給与

年収 3,200,000円〜3,200,000円

福利厚生

◯社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

給与以外の報酬

給与以外に活動費:年額200万円まで。(社会保険料事業主負担分を含む)
(例)家賃、車のリース代、旅費、消耗品費 など

休日・休暇

・週休2日制
・年次有給休暇
・夏季・年末年始休暇

選考プロセス

1次選考(書類審査)
 ↓
2次選考(市内見学や意見交換会)
 ↓
最終面接

代表者メッセージ

理事長 青砥和希

このまちには「何もない」という高校生のつぶやきが、日本中の地方に溢れています。
福島・白河も、そんなまちのひとつでした。
「何もない」の意味は、本当に「何もない」のではなく、高校生の身の回りに、自分を認めてくれる人や、自分の挑戦を応援してくれる人がいない、という意味です。

保護者でも教員でもない立場で高校生に寄り添い、次の一歩を踏み出すきっかけを、学校と地域をつないで生み出す。同質性の高い学校空間の中に、異質な経験・資質を持った人材が混じり合い、
高校生と協働することで、新しい価値創造が実現する。

高校生と教員と共に、新しいチャレンジができる担い手を募集します。
高校生たちに、このまちで過ごす最後の3年のあいだに、自分の人生は幸せにできる、と信じられるような経験をしてもらいたい。チャレンジに寄り添う、高校生の伴走者と働けることを、楽しみにしています。

[プロフィール]

首都大学東京大学院在学中の2016年に高校生びいきの古民家カフェ「コミュニティ・カフェ EMANON」を福島県白河市で立ち上げ。以来、福島県内の高校生の居場所づくりや探究学習を支援。第7次福島県教育総合計画策定のための懇談会委員、白河市複合施設基本設計検討委員会委員、国立那須甲子青少年自然の家運営協議会委員など。

企業・団体概要

  • 設立: 2015年04月
  • 代表者名: 青砥和希
  • 従業員数: 7名
  • 資本金:
  • 事業内容: 福島県白河市を拠点に活動する一般社団法人です。2015年に事業を開始したコミュニティ・カフェ EMANONでの実践・研究を核に、キャリア教育やまちづくり、地方創生の分野で事業を行なっています。
  • WEB: https://junbishitsu.jp/
  • 住所: 福島県白河市本町9 番地コミュニティ・カフェ EMANON

RELATED PROGRAM
関連するプログラム

ボランティアか、副業か、転職か、起業か...それは 自分の想いをカタチにするための手段に過ぎません。
ETIC.は、手段に捉われずに自分らしいキャリアを歩 むことを全力で応援するために、
働きながら次のチャレンジに向かうお試し機会や副業など、多様な機会を提供しています。