キャリアコーディネーターがサポート リモートワークOK フレックスOK 副業OK
2024.03.18 2514

社会的インパクト評価のリーディングカンパニーが沖縄で挑む新規事業のメンバー募集

ケイスリー株式会社

この求人のキーワード:

若手歓迎・スタッフ育成意欲のある組織 社会システムをつくる フラットな組織・仲間 サステナブル 地域活性化・まちづくり SDGs・ESG投資・CSR 地域活性化・まちづくり well-being 協働・コレクティブインパクト

多様なセクターと連携しながら、沖縄の社会課題解決を推進。プロジェクトマネージメントや社会課題解決に関するコンサルティング業務を担う方を募集

私たちの仕事について

ケイスリー株式会社は、「意思決定を革新し、より良い社会をつくる」ことをミッションとし、政、企業、NPO及び融機関などあらゆる団体が社会課題解決を的とした意思決定するための援をっています。

主に社会的インパクト・マネジメントやインパクト投資、成果連動型間委託(PFS)などの法を中とした「社会価値共創部」と、沖縄の社会課題解決を的とした地域特化の「沖縄かふう共創部」があります。

ケイスリーの創業は、2016年3月。国内で事例がほとんどない時期から、模索様々な先進的な実績を積み上げ、市場を切り開いてきました。そして、2023年4月6日。新たに立ち上がったのが、沖縄の社会課題解決を目的とした「沖縄かふう共創部」です。「かふう」は果報、幸運のこと。沖縄に幸せを届けられるよう、政、間、学や市等、多様な関係者と協働し、沖縄に想いを持つびとと共に、沖縄のためのサービスを提供していきます。

●なぜ、沖縄なのか
=====================

代表が沖縄出身であり、もともと沖縄への高い貢献意識がありました。(下方の代表メッセージをご参照ください)コロナ禍により完全リモートワークが実現され、代表が沖縄へUターン。本社も沖縄へ移し、沖縄での仕事も少しずつ実現できるようになってきたタイミングでの、事業部創設となりました。

●何をやるのか
=====================
沖縄特化の社会課題解決に関するシンクタンク・コンサルティングサービスを提供します。
具体的には、行政や民間向けに、各種調査や計画策定、プロジェクト事務局やアドバイザリー業務等の提供、また、ケイスリー自ら課題解決を推進する事業開発を行っていきたいと考えています。

●「沖縄かふう共創部」を共につくる中心メンバー募集
====================================

この度募集するのは、この「沖縄かふう共創部」の中心メンバー。
これまでの経験や専門性に応じて、提案やプロジェクト推進を担い、将来的には事業全体を幅広くリードしていただきたいと考えています。少人数のため決められた役割を一つ行うのではなく、複数の案件を担当したり、担当案件に関するロジを含め幅広い業務を担います。

当初は、官公庁の社会課題に関連する各種調査や計画策定、プロジェクト事務局やアドバイザリー業務などを中心に実施しながら、民間への展開、また、自ら課題解決を推進する事業開発も行っていきたいと考えています。
なお、状況に応じて社会価値共創部関連のプロジェクト(インパクト投資、社会的インパクト・マネジメント、PFS/SIB等)に関わることもあります。
沖縄の社会課題解決やその仕組みづくりに強い関心のある方、エントリーお待ちしています!

【ETIC.コーディネーターからのおすすめコメント】
立ち上がったばかりの事業部なので、沖縄在住の2名のメンバーと、試行錯誤しながら共に事業をつくっていく醍醐味を味わうことができます。さらに、ケイスリーさんは社会的インパクトマネジメントやインパクト投資の分野では先駆者であり、豊富な実績をお持ちです。積み上げてきた信頼と実績のアドバンテージを活かしながら、沖縄を舞台に新たな挑戦を仕掛けていける今のフェーズに参画できるのは、とても魅力的な機会だと思います。大切にしたいのは、スキルや経験よりも、沖縄への想いです。ピンときた方、ぜひエントリーください!

※こちらの求人情報は、NPO法人ETIC.の人材紹介サービスによって募集している案件です。
面談などは、ETIC.コーディネーターも担当いたします。あらかじめご了承ください。

募集要項

テーマ サステナブル 地域活性化・まちづくり SDGs・ESG投資・CSR
職種 社長の右腕 事業推進 新規事業立ち上げ
雇用形態 正社員
組織形態 営利企業
その他のキーワード 地域活性化・まちづくり well-being 協働・コレクティブインパクト
対象人材像

・ケイスリーのミッションに共感しており、沖縄の社会課題解決に貢献したい想いを持つ方
・行政、企業、NPO等多様な関係者と協働できる方
・初めてのことでも好奇心を持って学びながら行動できる方
・少数精鋭チームにおける自発的な協働ができ、環境変化にも柔軟に適応できる方

応募資格

・沖縄の社会課題の解決や解決する仕組みをつくっていくことに対する熱意があること
・会社の成長に対する当事者意識、事業の成長に対する責任感、チームに対する貢献意識があること

歓迎条件

・シンクタンクやコンサルティング経験者(行政向けの経験あれば尚可)
・沖縄の行政機関や民間団体における幅広いネットワーク

新卒エントリー
NG
未経験者エントリー
OK
勤務地の住所

沖縄県那覇市字与儀86

勤務地の詳細

※沖縄県内でフルリモート勤務可能

勤務形態

フルリモート(出社圏内)

勤務時間

スーパーフレックスタイム制(1日標準労働時間:8時間、コアタイムなし)

※今回の沖縄かふう共創部の募集ついては、対面での信頼関係構築やヒアリング等も行いやすくするよう沖縄県内在住という条件を付けた上で、完全リモートワーク(出社なし)とします。

給与

月給 320,000円〜640,000円

給与詳細

※フルタイム換算での給与です。週3日〜5日の稼働時間ご相談に応じます。給与は経験を考慮して決定します。
※ 昇給随時、決算賞与あり

福利厚生

諸手当:交通費支給、通信手当(月額5,000円)、リモートワーク手当(月額15,000円)、残業代

社会保険完備、健康診断補助(上限30,000円)、予防接種費負担(インフルエンザ等)、各種支援(月額上限30,000円を書籍購入、ツールや機器購入、研修、語学学習、先端技術利用、ワーケーション、保育支援等に利用可)、サンクスデー、研究支援、従業員紹介制度

受動喫煙防止対策

リモートワーク勤務のため、個人宅による

休日・休暇

土日祝日、年次有給休暇、年末年始、慶弔休暇、特別休暇(産前産後、母性健康管理、育児、介護、看護等)

職場の雰囲気

個々人の多様な関心や強みが活かされる自由な雰囲気です。また、メンバーはフラットな関係性で、論理的思考や直観的思考に基づいた意見を何でもお互いにぶつけ合える環境です。社員はプロフェッショナルとしての高い意識を持ち、課題分析や資料作成も論理的に行いますが、何かに情熱的かつフランクで面白い人たちばかりです。

また、会社としてプロボノ・兼業を推奨しており、社員全員がプロボノや他組織にも所属する等、組織に縛られない自由な働き方を実現しています。

選考プロセス

応募フォームから必要事項を送信

履歴書・職務履歴書提出、ETIC.担当コーディネーターによる面談

書類選考

ケイスリー株式会社の採用担当者による一次面接(オンライン可)

最終選考(対面)

採用決定

※採用プロセスは概ね2週間から1ヵ月ですが、個々の事情に合わせて柔軟に対応します。

代表者メッセージ

代表取締役社長 幸地 正樹

私は沖縄県那覇市出身で今は読谷村在住です。十代には県外に出たい気持ちがあり、大学から東京へ行きそのまま東京で就職・起業しましたが、今思えば人生で大事な選択をする時は、いつも沖縄に貢献したいという想いがありました。就職・転職時は、将来沖縄に戻って貢献ができるよう、行政・金融・インフラ等に関する職として、外資系コンサルティング会社の公共事業部へ入り、中央省庁や地方公共団体、独立行政法人向けの戦略策定や実行支援等に10年近く従事しました。その中で多様な行政、企業、NPO等多様な関係者が協働することの重要性を痛感し、2016年、社会課題解決をより加速することを目指してケイスリーを創業しました。

創業当初は自身も東京在住で沖縄にメンバーもおらず、関東中心に事業を行っていました。沖縄での取引はなかったものの、本店は東京ではなく沖縄において会社の利益を沖縄に還元したり、手弁当で沖縄でのイベント実施やネットワークづくりを始めました。そんな中、コロナ禍により完全リモートワークが実現され、想定よりも大分早い2020年、沖縄へのUターンを決断しました。それから、コロナによる打撃やプロダクト事業の会社分割など激動の時期を経つつ、沖縄での仕事も少しずつ実現できるようになってきたところです。

2023年、ようやく沖縄かふう共創部設置という長年の想いを具現化することができ、とても嬉しく思います。
沖縄の社会課題解決、豊かな沖縄の実現にご関心のある方からの、エントリーお待ちしています。

[プロフィール]

PwCコンサルティングで官公庁向け戦略策定から実行支援等に10年従事し、2016年にケイスリー創業。社会的インパクト・マネジメント、インパクト投資及び成果連動型民間委託(PFS/SIB)の日本への浸透や導入支援など、社会課題解決を目的としたコンサルティングを行う。沖縄県那覇市出身、読谷村在住。
(以下、その他兼務)
・内閣府沖縄総合事務局 市町村施策支援アドバイザー(2022年度〜)
・沖縄県読谷村 まち・ひと・しごと創生審議会委員(2022年度〜)
・国立琉球大学 非常勤講師(専門:インパクト投資/PFS)(2017年度〜)
・内閣府 PFSアクションプランフォローアップ及び検討会議 民間有識者(2020〜2022年度)
・一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 理事(2020年度〜)
・The Global Steering Group for Impact Investment(GSG)国内諮問委員会 共同事務局(2016年度〜)

コーディネーターからの推薦コメント

NPO法人ETIC. 乗越貴子

立ち上がったばかりの事業部なので、沖縄在住の2名のメンバーと、試行錯誤しながら共に事業をつくっていく醍醐味を味わうことができます。さらに、ケイスリーさんは社会的インパクトマネジメントやインパクト投資の分野では先駆者であり、豊富な実績をお持ちです。積み上げてきた信頼と実績のアドバンテージを活かしながら、沖縄を舞台に新たな挑戦を仕掛けていける今のフェーズに参画できるのは、とても魅力的な機会だと思います。大切にしたいのは、スキルや経験よりも、沖縄への想いです。ピンときた方、ぜひエントリーください!

この求人に関連する記事

Loading...

企業・団体概要

  • 設立: 2016年03月
  • 代表者名: 幸地 正樹
  • 従業員数: 2名
  • 資本金: 2,566万
  • 事業内容: 行政、企業、NPO及び金融機関などあらゆる団体が社会課題解決を目的とした意思決定するための支援を行う。主に社会的インパクト・マネジメントやインパクト投資、成果連動型民間委託(PFS)などの手法を中心とした「社会価値共創部」と、沖縄の社会課題解決を目的とした地域特化の「沖縄かふう共創部」がある。
  • WEB: https://www.k-three.org/
  • 住所: 沖縄県那覇市字与儀86
応募する

RELATED PROGRAM
関連するプログラム

ボランティアか、副業か、転職か、起業か...それは 自分の想いをカタチにするための手段に過ぎません。
ETIC.は、手段に捉われずに自分らしいキャリアを歩 むことを全力で応援するために、
働きながら次のチャレンジに向かうお試し機会や副業など、多様な機会を提供しています。